読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

90億の神の御名

この世界のほんの些細なこと

サザエでございます

月日の立つのは早いもの。 大変ご無沙汰しておりますが、相変わらず草木を見つめ、星を見上げ、山にも登れば高校野球も見て、元気にしております。 ゴールデンウィークは秩父に行ってまいりました。メインは星。その他、芝桜とか秩父34観音のご開帳とか。 近…

プロフェッショナル

【プロフェッショナル】 [名]専門家。本職。プロ。⇔アマチュア。 [形動]職業的、専門的であるさま。「―な仕事振り」 デジタル大辞泉 プロフェッショナルとは「プロフェッショナルとは、ある分野において、社内はもちろん、広く社外でも第一線で通用する…

渚のバルコニー

渚のバルコニーで昔、母と一緒に掃除夫を眺めていた。 あれは沖縄。 冬とは言え、沖縄だけあって気温も高く、よく晴れた気持ちのいい午前中、バルコニーの下を3人の男性がだらだらと通りすぎて行った。 先頭の男性はやるきなさげに竹箒をずるずると引きずっ…

そういうふうにできている

今日は会社で、ふと「内税と非課税はどう違うの」「そもそも非課税ってどういうことなの。この国で税金のかかんないものってあるの」「免税とはどう違うの」などという事をあれこれ話しあってしまい、頭から煙が出そうになった。 長いこと生きて、相当いい大…

Imagine

どんな鳥だって、想像力より高く飛ぶことは出来ないだろう 寺山修司 真偽の程は定かではないが、前にどこかで、韓国人が「ジョン・レノンのImagineは韓国人女優イム・イェジンのために書かれた曲だ」と主張しているというニュースを読んだ。 なんでも、ジョ…

人はなぜ

3月31日。 今日でいいともが終わった。年度も終わった。 明日から新年度。税金が上がる。そして保険証が更新となる。そう、このバタバタの年度末に、どういうワケか保険証の更新があり、4月1日から有効の新保険証が送られてきて、旧保険証は返却しなければな…

ナニはともアレ

ずいぶん前のCMでサラリーマン二人が下のような会話をしているところにテロップで「アレリーマン」と出るのがあった。 A:あの映画みました? B:あー、アレだろ、あの女優が出てる A:そうそう、アレがアレするあの当時ですら、友人たちと「わーかーるー!…

約束

「今年の冬の大雪は、松岡修造がソチに旅だったせい。おかげでソチが暖冬になった。五輪が終わって修造が帰国した途端に日本に春が訪れた!」朗報 ソチから松岡修造帰国で全国的に春の陽気にwwwwwwwwwww - NAVER まとめ・・・とまで言われたアツい男…

春のめざめ

飲み友達のツトムくんが、栗の渋皮煮を作るのにハマっていた事があった。 なんでもあれは、煮ては冷ましを繰り返して作るらしく「最近のオレは会社から帰って子供の顔見るより先に、栗の顔見て様子を確認してるからね」なんて言ってみんなの笑いを誘っていた…

思い残し切符

イーハトーボの劇列車作者: 井上ひさし出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2013/12/06メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る去年の秋、井上ひさしの戯曲「イーハトーボの劇列車」を見てきた。井上ひさしが敬愛する宮沢賢治の生涯を描いた作品だ。 この…

何も言っていない

お偉い方々の長々しいスピーチがあちこちで聞かれる季節。 私が学生の頃はもう、壇上に上る人上る人、皆口を揃えて「ベルリンの壁が崩壊し」「ソビエト連邦が崩壊し」「激動の時代を迎え」「激動の20世紀も終わりに近づき」「世間を震撼させたオウム真理教事…

春にして君を想う

去年の春の終わり、会社に電話がかかってきた。 昔、本当にものすごく好きで好きでたまらなかった人と同じ名字の人だった。 あの名字を聞くと、今更まだ動揺するのか、と苦笑してしまった。高校生なんて本当に多愛のないことで簡単に恋に落ちるものだから、…

長いものを巻いて

日本人で初めてネクタイをした人はジョン万次郎なんだそうだ。やるな、万次郎。今日は春一番が吹いて、ずいぶん暖かくなってきた。 そのうちすぐにクールビスが始まって、男の人がネクタイをしなくなる。 「ああ、もう、あれがないだけでどれだけ楽か!!」…

下の畑

ちょっと前にこすももさんが(id:jandy1969)「下ノ畑ニ居リマス - 山ノオト 食ノオト」という記事を書いていて、「ああ、その言い方素敵だなあ」と思った。私もここ最近、気持ちが下の畑に行っている。 そして下の畑で賢治よろしく、羅須地人協会ごっこをし…

優るあらめや

今日は、山友達のおじさんに連れられて田浦梅林~二子山へ。 赤い電車・京浜急行に乗って安針塚駅で下りた。塚山公園からの景色。目の前の海は東京湾で、眼下に横須賀の海上自衛隊の護衛艦が停泊している。 たくさんの船が忙しなく行き交う、この紺色の海を…

きみのいいところ

うちの課では、毎月月次レポートを課長に提出しなければいけないのだけれど、レポートを書くのが面倒くさくなった主任が言う。 「誰か、オレのレポート、佐村河内してくれる人ー!」 なるほど、佐村河内はそういう使い方ができるのね、とにやにやしてたけど…

花の咲く頃

高速道路の脇にたくさん植えられている夾竹桃は強い花で、原爆のあと75年は草木も生えないと言われた広島で一番先に花をつけたのだそうだ。 想像を絶するほどの恐ろしいことが起きて、たくさんの人が亡くなって、それでも季節がめぐり、花が咲いてくれた時、…

枕を高く

えんどう豆の上にねむったお姫さま作者: ハンス・クリスチャン・アンデルセン,ドロテー・ドウェンツェ,ウィルヘルムきくえ出版社/メーカー: 太平社発売日: 1985/01メディア: 大型本この商品を含むブログ (1件) を見る「布団の下にえんどう豆が敷いてあるもん…

善悪の彼岸

「乳、ピンク、下着、水着、ランジェリー、乳首」 そんな言葉が並ぶなんて卑猥なサイトに決まってる!!と早計な判断をしてしまいがちだが、これはNPO法人 J.POSH 日本乳がんピンクリボン運動のサイトに並ぶ単語たちだ。 そしておそらくこの単語故だろう。こ…

自分、不器用ですから

黒合板グレープフルーツナイフ出版社/メーカー: TKGメディア: この商品を含むブログを見るこういう、細くて先の曲がったナイフらしきものを初めてみたのは、米兵と結婚して横須賀の海軍基地の中で暮らしていた叔母の家の台所だ。 これ何?と聞いたら「ああ、…

あたし時々おもうの

まだほんの子猫の頃から飼っていた猫が、ある日、人から預かった牡猫と恋に落ちて女になった。牡猫がいなくなってからの彼女は、しばらくの間、毎日窓の外を見つめては切なげな鳴き声をあげた。 それまでは、受験勉強をする私の横で鼻をすぴすぴ言わせながら…

これから

昨日からずっと決めていた。今日は鉛筆を買って帰ろうと。 ユニがいいかな、トンボがいいかな、ちょっと柔らかめがいいな。「鉛筆の名作、ユニ」 そんなコピーに惹かれて、ユニを買ってきた。 そしてずっとずっと待っている。これは4年前に高知に旅行に行っ…

The Big Bang Theory

今更、海外ドラマ「ビッグバン★セオリー」にハマっている。 不器用で純粋なオタク青年たちが可愛らしくて痛々しくて面白い。 コンプリート・ボックス (10枚組) [DVD]" title="ビッグバン★セオリー コンプリート・ボックス (10枚組) [DVD]">ビッグバン★セオリ…

あたたかい夜に

むかしむかし、あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました。 ある、とても寒い雪の夜に、一人の旅人がやってきました。 「すみません。私は旅をしているものです。この吹雪では一夜を外で過ごすことが出来ません。」 おばあさんは快くその旅人を家…

1,2,3,たくさん

パソコンで西暦を入力する時、指がひっかかって2400年なんて打ってしまうと「ああ、その頃には死んでるな」といつもしみじみしていた。 しみじみするだけで済むならいいが、これが発注だと大変なことになる。【ミス?】Twitter誤発注まとめ【商法?】 - NAVER …

玉虫色の言葉

野球好きの集まる2ちゃんねるの掲示板「なんJ」で使われる言葉に「どん語、どんコメ」と呼ばれるものがある。 どんコメ - なんでも実況J Wiki* 元阪神・オリックス監督を務めたどんでんこと岡田彰布監督のコメント。どん語とも呼ばれる。 ユーモア溢れる独特…

走れウサギ

走れウサギ (上) (白水Uブックス (64))作者: ジョン・アップダイク,John Updike,宮本陽吉出版社/メーカー: 白水社発売日: 1984/01メディア: 新書購入: 1人 クリック: 1回この商品を含むブログ (6件) を見る読んだこともない、この本が印象に残っているのは、…

寒くないか、ですって?

寒いに決まってる。 しかし、ファッションアイコン、ダイアナ妃はかつて冬でもコートを着ずに歩き、人から「寒くないか」と尋ねられた時にこう答えたという。 「寒くないか、ですって?いいえ、全然。私はダマールを着ているのよ」 Damart - Ladieswear, Men…

花の色は

十日前の大雪の時に買ったトルコ桔梗の、緑色の蕾がだんだん白く、そしてほんのりピンク色になって、ほころび始めている。トルコ桔梗は気まぐれで、蕾のまま枯れてしまうこともあれば、綺麗に色づかないこともあるらしい。 そんな気まぐれに振り回されてみる…

前略おふくろ様

うっかり電話したら佐村河内話に2時間て!!

Without you

日曜日、近所のおしゃれげホームセンターに土と種を買いに行った。雪かき用のスコップ争奪戦をすり抜けて売り場を見て歩いていたら、キッチンコーナーで不可思議な物を見つけた。 重い。広がる。でも何に使うの?「エクスパンダトリベット」と書いてあるけど…

ダメにする

今日の晩御飯。切り干し大根の煮物の残りの玉子焼き セロリとしめじと豚肉炒め(オイスターソースないからオタフクソースと中華味) わかめと油揚げとねぎのお味噌汁 納豆 ご飯納豆をかきまぜる時、いつも思い出すことがある。魯山人の事じゃない。魯山人は…

どれくらい

バナナスタンド好きな後輩ふみは、臆病なくせして、平気なフリで塀の上を歩いて行く埃まみれの野良猫みたいな子だ。 この例えはわかってもらえるだろうか。 うまく垣根の間をすり抜けていくようにも見えるけど、それなりに苦労もあるらしく毛並みは少し荒れ…

いとをかし

冬はつとめて。雪の降りたるはいふべきにもあらず。 霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火などいそぎおこして、炭もてわたるもいとつきづきし。 清少納言「枕草子」 今日もまた雪で、先週存分に堪能したからもうそんなにはしゃがない、と思いつつも…

90億の神の御名

90億の神の御名 (ザ・ベスト・オブ・アーサー・C・クラーク 2) (ハヤカワ文庫SF)作者: アーサー・C・クラーク,中村融,岩郷重力+T.K,浅倉久志・他出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2009/07/30メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 19回この商品を含むブログ (1…

自由(リベルテ)

欲望もない不在の上に 裸の孤独の上に 死の足どりの上に ぼくは書く おまえの名を 戻ってきた健康の上に 消え去った危険の上に 記憶のない希望の上に ぼくは書く おまえの名を そしてただ一つの 語の力をかりて ぼくはもう一度 人生を始める ぼくは生まれた …

デヴィ活

大雪の前の日、かえる姉さんから呼び出しがあって馳せ参じた。 ちょっと遅れて地元のパスタ屋さんに着いたら、姉さんはソファーにどっかりと寄りかかって、眉間にシワを寄せて言う。 「今日さ、占い行ってきたんだわ」 あら、どうだったの? 「あたしね、会…

フェティシズム

小さな頃の弟は、父の脛と自分の脛を見比べて呟いたものだ。 「あーあ、オレも早くおとな毛生えたいなあ」 おとな毛っていうのか、ああいうの。でも確かに大人になると生えてくるんだものね、おとな毛だね。そんなおとな毛が生えはじめる小学校高学年の頃か…

特別な週末

金曜日、友達とご飯を食べて「明日は何十年ぶりに大雪になるんだってね」「そんなこと言ったってどうせ降らないでしょう?」「でも、いざ雪が降ったら外にでなくてもいいように買い物をして帰りましょう」とスーパーに行った。 【地獄】 たかが雪で食料品の…

この恨みはらさで

新婚時代に、風邪をひいた母が、会社に出かけようとする父に「ごめん、今日はご飯を作れそうにないの」と言ったところ、父は意気揚々と「心配ないよ。オレ、外で食ってくるからさ!」と答えたそうだ。 母は未だに風邪をひくたびにネチネチとあの日の文句を言…

名前をつけてやる

okkoさん(id:okko326)に■ネーミングのつぼ - ひぐらしPCに向かいてという記事で言及して頂いて、そうだそうだ、と商品名に関するあれこれを思い出したのですが。実家で使っていたスライサーは、その名も「ベンリナー」ベンリナー 万能野菜調理器 CBV04出版…

ごちそうさま

先月末、小林カツ代が亡くなった。料理研究家・小林カツ代さん死去「私のレシピは永遠に残るのが嬉しい」 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュースよそんちの肉じゃが - 90億の神の御名 前の記事でも書いたけれど、カツ代レシピのご飯を作る度にいつも、「…

私、なんだか

私何だか死なないような気がするんですよ―心とからだについての282の知恵作者: 宇野千代出版社/メーカー: 海竜社発売日: 1995/12メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る「私、何だか死なないような気がするんですよ」という、宇野千代の有名な言…

おくりびと

声に出して読みたい日本語作者: 斎藤孝出版社/メーカー: 草思社発売日: 2001/09/12メディア: 単行本購入: 5人 クリック: 59回この商品を含むブログ (98件) を見る昨日に引き続き、本棚の話だけれど、祖父が亡くなってしばらくして、両親と一緒に祖母の家に行…

理想の書架

私の本棚には自分の好きな本ばかりが並んでいるけれど、時々本棚をぼんやり眺めながら思う。「自分が一番読みたい本が入っている本棚はこれじゃない」と。写真は2枚とも、実家の本棚。 夏休みに実家に行ったら、母が「うちの本はもう好きに持って行っていい…

あなたの知らない世界

将棋の世界では王将戦が盛り上っているらしい。羽生さんは箱根花月園で、おやつにいちごショートケーキなんか食べながら頑張ってるそうだ。 王将戦:羽生、鋭く攻め快勝 1勝2敗に - 毎日新聞 王将戦中継ブログ : 午後のおやつ 急戦矢倉の作戦を採った羽生だ…

ゼロ・グラビティ

メリー・ポピンズに出てくるアルバートおじさんは大の笑い上戸で、笑い出すと体が宙に浮いてしまう。 楽しくていいかと思いきや、「前回なんて3日も天井から降りることができなかったんだ、これはシリアスな問題だ」とバートが言う。とは言えすぐに一緒にな…

春の声

ヨハン・シュトラウスの「春の声」先日YMCAのチャリティコンサートで、ソプラノ歌手の方がこの「春の声」を歌う前に、ドイツの冬と春のことを話してくれた。 なんでも、その方は以前ドイツに音楽留学をされていたそうだが、ドイツの冬というのは本当にどんよ…

日々は過ぎゆく

まるでパンチドランカーのように、美しさにうちのめされているうちに週末が過ぎていった。 この土日でできたことは髪を切ったこととジェラートを食べたことだけ。 日曜日は、東洋大の設楽兄弟も参戦するという奥むさし駅伝を見に行こうと思っていたけれど、…

くぼさん

今朝、台所の窓から明けていく空を眺めながら、ふと南野陽子の「あなたを愛したい」という歌を思い出して口づさんだ。 「あなたの夢でふと目覚めた夜明け 葡萄色の空に瞬く星屑がゆれてた 恋の予感がそっとささやいてる 目覚めに見る夢はかなうと」小学生の…