読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

90億の神の御名

この世界のほんの些細なこと

ただ春を待つ

 
 
よく晴れた日曜日の夕方だった。クロッカスやチューリップの花が花屋の店先に並んでいた。ゆるやかな風が吹いて、若い娘たちのスカートの裾を柔らかく揺らせ、若い樹木の放つのびのびとした匂いを運んできた。                村上春樹スプートニクの恋人

  

早くこういう日が来たらいいな。

そして、日比谷公園のベンチでお弁当を食べたり、ベッドの上で足をぶらぶらさせながら、誰かが遊びに来ないかとぼんやり思ったりして過ごしたい。
 

スプートニクの恋人 (講談社文庫)

スプートニクの恋人 (講談社文庫)