読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

90億の神の御名

この世界のほんの些細なこと

おでん戦記

平成二十五年十一月十日、生協のおでんだねセット「ほっかほっかおでん」を主力とする練り物類、こんにゃく、神奈川上飯田の葉付き大根まるまる一本、シャウエッセン、我が家の台所土鍋前に集結。
大根の消費と、おでんというユートピア獲得に向けた作戦行動開始は最早不可避であり、土鍋に昆布は投げ入れられた。
時を同じくして大根の下茹で開始。また、こんにゃく下茹で、練り物油抜き用のお湯も用意。

同日一一◯◯、連合艦隊、土鍋の海に出航。おでんを目指す。
大将は艦隊と別行動をとり、煮崩れしにくいと噂のキタアカリの獲得に向けてスーパーへ。帰宅後、キタアカリを蒸し、出撃準備を整えさせる。

同日一三◯◯ 第一次攻撃隊おでんに達す。そのまま食す。旨し。
同日一八◯◯ うどん中尉おでん機に搭乗し出撃。無敗伝説を誇るうどん中尉は安定の戦いぶりで見事勝利を収める。

f:id:mame90:20131114220649j:plain

同日二一三◯ 野煙に紛れ、キタアカリを投入。攻撃の布陣に厚みを持たせた。

f:id:mame90:20131114220639j:plain

翌十一月十一日一一三◯ おでん軍、サーモススープマグにてお弁当として遠征に出向く。夜もそのまま、おでんとしてベテランの腕を見せつけた。

十一月十二日一九◯◯ いよいよ戦闘は新たなるステージへ。カレールー投入。
尚、友軍として冷蔵庫に眠っていたきのこのマリネ、及び白菜、カレールー少佐の盟友玉ねぎが加わる。
この身はカレーに沈もうとも、心はおでんの誇りを失わず、練り物を噛みしめれば滲み出るおでんの風味に落涙禁じ得ず。

f:id:mame90:20131114220657j:plain

翌十三日、おでんカレー連合軍は再びサーモススープマグに身を潜めお弁当として出征。カレー臭を職場に振りまくという奇襲攻撃に成功。
その夜、街娘パンと一夜のマリアージュ。

f:id:mame90:20131114220705j:plain

十一月十四日 疲れの見え始めたおでんカレー連合軍に、大将はごはんを襲撃させ、おでんカレードリアとなるよう命じた。
かくして、かつて土鍋いっぱいの隆盛を誇ったおでんは華々しい最後を遂げた。

報告は以上であります。