読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

90億の神の御名

この世界のほんの些細なこと

春にして君を想う

美術・音楽 泡沫

f:id:mame90:20050326215019j:plain

去年の春の終わり、会社に電話がかかってきた。
昔、本当にものすごく好きで好きでたまらなかった人と同じ名字の人だった。
あの名字を聞くと、今更まだ動揺するのか、と苦笑してしまった。

高校生なんて本当に多愛のないことで簡単に恋に落ちるものだから、まるで「おもひでぽろぽろ」みたいに「曇りの日が好きだ」って言われただけで「猫は大好きだけど、死んだ時が哀しいから飼えないんだ」って言われただけで、「小沢健二が好きだ」って言われただけで、この人しかいない、こんな絶妙なバランスで存在してくれる人はこの人をおいて他にない、と決めてしまう。

あの頃、ラジオはひっきりなしにオザケンの「今夜はブギー・バック」を流し続けていた。カセットに落とした「LIFE」をウォークマンで聴きながら塾に通った。受験よりも、如何にして彼を振り向かせるかに夢中だったけれど、なんとか大学には合格して、オザケンのファーストアルバム「犬は吠えるがキャラバンは進む」に胸を打たれながら大学に通った。
若葉の頃、ようやく彼とのデートにこぎつけて、ファミレスでご飯を食べてオザケンの話をした。私が「おやすみなさい、仔猫ちゃん」はあまり好きじゃないと言ったら、彼が「そう?オレは好きだけど」と言うので、家に帰ってから「おやすみなさい、仔猫ちゃん」を聴いて眠った。

LIFE

LIFE

「愛し愛されて生きるのさ」の中で小沢くんは「10年前の僕らは胸を痛めて愛しのエリーなんて聴いてた」と歌っていたけれど、20年前の私も、10年前の私も、そして今の私も胸を痛めて小沢くんの歌を聴いている。

小沢健二『いいとも』で「さよならなんて云えないよ」など弾き語り タモリ「贅沢だねぇ」と絶賛 (リアルサウンド) - Yahoo!ニュース

今日はドキドキしながらいいともを見て、小沢くんが45歳だということに衝撃を受けつつも、やっぱりこの人がものすごく好きだということを再確認して、元気でいてくれたことを嬉しく思って、そして、昔大好きだった彼のことを思い出した。
あの人と同じ会社に勤めている友人の話によると、もう結婚して、ずいぶん太って昔の面影はないらしい。
・・・そうなのね。でも、幸せでいてくれたらいい。そしてどこかであなたも、今日の小沢くんのいいとも出演に「おお!小沢!!」って思ってくれていたらいい。


時は流れ傷は消えてゆく それがイライラともどかしく
忘れてた誤ちが 大人になり口を開ける時
流れ星探すことにしよう もう子供じゃないならね


薫る風を切って公園を通る 汗をかき春の土を踏む
僕たちが居た場所は 遠い遠い光の彼方に
そうしていつか全ては優しさの中へ消えてゆくんだね


流れ星静かに消える場所 僕らは思いを凝らす
流れ星静かに消える場所 僕らは思いを凝らす
目に見える全てが優しさと はるかな君に伝えて

小沢健二作品集 「我ら、時」

小沢健二作品集 「我ら、時」