読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

90億の神の御名

この世界のほんの些細なこと

中国からのスロウ・ボート

不謹慎で申し訳ないことですが、9月頃、私は「お!そろそろキノコ狩りの季節だな。中毒ニュースに気を付けねば」と思っておりました。

はい、もう、本当に不謹慎でアレですが、わたくし、皆様がどのような過程できのこ中毒に陥るのかという事に大変興味がありまして事例を集めては表にしていたのです。ですから、そろそろ表も更新の時期かと思っていたのです。
しかし、どうしたことでしょう、2014年のきのこ界に於いては中毒ニュースは激減しており2件ほどしかありません。そのうち1件は道の駅が間違えてツキヨタケ入りのきのこを12パック販売したというものです。
厚生労働省や各地方自治体の地道な啓蒙活動が実を結んだのでしょうか。はたまた、その辺のものを採って食べる世代から食べない世代への静かな世代交代があったのでしょうか。

その他のニュースと言えば、長野県の地震のせいでエノキ等の栽培瓶が大量に倒れ、きのこ不足になる可能性があるという哀しいニュース、そして安定の中国絡みのお笑いニュース「天井から椎茸」

主さ40キロの椎茸によってトイレの天井が抜ける。これは生椎茸か干し椎茸か。いや保存性を考えれば干し椎茸に決まっていよう、何せ中国人がトイレの天井に隠していたのだ。
初めて知った知識であるが、干し椎茸は一般的に15枚で100gという目安なのだそうだ。つまり1kgだと150枚。40kgでは6000枚。空から降る6000枚の干し椎茸。
中毒ニュースは少なかったものの、なかなか得難いきのこニュースに遭遇できた今シーズン。中国人の実力たるや!

f:id:mame90:20150122155504j:plain

さて先日、わたくしは実に20年ぶり程に横浜税関の資料展示室に行って参りました。この横浜に観光地は数多あれど、わたくしのイチオシはここ!
・・・と、たくさんの方に強くお薦めしてはきたものの、自分ではなかなかチャンスがなくて行けなかった資料展示室。20年前に比べてずいぶん綺麗になり、しかもかつては入館料50円だったものが、無料になっておりました。
かつてに比べ、胡散臭さや禍々しさが若干薄れた気もしつつ、それでも密輸に向けた犯人の情熱とそれをつきとめる税関の努力は相変わらず素晴らしいものです。

数々の展示品には国名などは伏せられていましたが、そこはかとなく漂う中国の気配を隠すことはできません。
なにせ、麻薬の密輸カモフラージュに使われるのが七福神らしき置物であったり、タケノコ水煮缶であったりするのです。
竹の子水煮缶に麻薬を!!税関の人もよくもまあ気が付くものです。私だったらすんなり通してる。「はい、水煮通ります」って通してる。しかも、重さ調節のために重石までいれてカモフラージュしています。・・・そう・・・竹の子水煮は麻薬よりも重いのね・・・罪は麻薬の方が何倍も重いというのに・・・。

f:id:mame90:20150126141951j:plain:w300

興味本位で税関のサイトを見てみると、今度は中国向けと偽って北朝鮮に不正輸出をしようとしたというニュースに出くわします。

f:id:mame90:20150126142009p:plain

しかも、危険を冒してまで北朝鮮に輸出しようとしたもの、それはボウリング用品。どなたがお使いになるのでしょう。将軍様でしょうか。あの国にはボウリング用品生産ラインはないのでしょうか。大体、犯人が韓国人なら韓国向けと偽ってはダメなのか、中国向けなのか。それは中国にもボウリング用品が不足しているという意味か。

あれやこれやと気になるところではございますが、中国からの、そして中国行の船には様々なものが載っている、と無理矢理まとめて本日はここまでとさせて頂きます。

中国行きのスロウ・ボート (中公文庫)

中国行きのスロウ・ボート (中公文庫)