読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

90億の神の御名

この世界のほんの些細なこと

この悩ましき日々

泡沫

・・・タイトルは「この楽しき日々」を意識しましたが、「大草原の小さな家」シリーズは全然完読できていません・・・。父さんのワイルドさについていけなくて・・・。

この楽しき日々―ローラ物語〈3〉 (岩波少年文庫)

この楽しき日々―ローラ物語〈3〉 (岩波少年文庫)

さて、はてなブログの中で私が割と便利に使っている機能と言えばブログ内検索です。「あれについてはもう書いたっけ」「このタイトルは前も使ったっけ」そんなことの検索に使い、一応かぶらないように気を付けてはいるのです。
・・・が一個かぶってた!直した!
そんな便利な機能で「悩み」と検索すると、このブログを初めてから2年ばかりの私の下らない悩みがずらっと出てまいります。

生れ出づる悩み - 90億の神の御名
増殖の恐れ - 90億の神の御名
悩みはイバラのように - 90億の神の御名
まきつまかれつ - 90億の神の御名

まああ、この人と来たら、包丁を買い換えるタイミングやら研ぎに出すタイミングやらに悩み、冷凍コロッケが爆発すると言っては悩み、菜の花を買うべきか否かを悩み、はたまた茹で卵が剥けない、あんかけが作れない、節分の豆の片づけ時はいつかと悩み、ついには嵐が丘のヒースクリフの寝台のディティールにまで悩み始め、もうアホか、バカか、としか言えませんね。いっそ「悩み」というカテゴリでも作るべきなのではと言うくらいだが、作らない。そこは譲れない一線。

f:id:mame90:20150227171213j:plain

カッコ良さげに回顧するならば「思えば幼少時より悩み多き人生でした」

高校時代、代数幾何の先生が、難しい問題があるたびに「うん、悩ましい問題だよねえ」と前置きしてから解説をしてくれた。
この「悩ましい」にいつも引っかかっていた。
「やだ、先生、理系だから言葉の使い方間違ってるのかしら・・・。悩ましいって『官能的』って意味でしょう?もう、いやあねえ」
毎度毎度その言葉の部分で思考が停止していたので、もちろん代数幾何の成績はものすごく悪かった。
大人になってからもあちこちで時々耳にするので、おかしいと思って調べたら、あの時の先生の「悩ましい」は別に間違いではなかったことが判明した。

悩ましい
1 悩むことがあって苦しい。難儀である。
2 官能が刺激されて、心が平静でいられない。
              大辞泉より

1の意味もあったのか・・・!じゃあ、私が毎回毎回思考停止したあの悩ましい時間は!!
なんと嘆かわしく悩ましい!

やはり些細なことに心を悩ますことなど時間の無駄である。
だがしかし、それでも悩みはなくならない。我悩む。ゆえに我有。
最近の地味な悩みは

【イヤフォンを忘れがち問題】
毎回コンビニやキヨスクで買う羽目になるのです。昨日もそうだった。
以前にそれで友人から「持っているすべてのカバンにイヤフォンを入れておけ」とアドバイスされたものの、忘れていたのが敗因。
昨日帰宅してから、もう化粧ポーチにもあめちゃん袋にもイヤフォンを忍ばせておくことにした。イヤフォンをあちこちに忍ばせながら「博士の愛した数式」の中で、記憶がもたないのですべてを紙に書いて安全ピンで洋服に止めておく博士のことを思い出し、切なくなった。

博士の愛した数式 (新潮文庫)

博士の愛した数式 (新潮文庫)

【タンブラーの飲み口を間違えてこぼす問題】
これは私だけなんだろうか。ネットで検索しても同じ悩みは出てこない。週に2回くらいはこれをやってしまって恥ずかしい。
みんなタンブラーに口を付ける前にはそんなによく確認をしてるんだろうか。私のように片手間に飲み物を飲んだりはしないんだろうか・・・。今日もコーヒーを零してちょっとヘコみながらこれを書いている。

この悩ましき日々のいい所を一つあげるとしたら、それは解決策が見つかった時、ものすごく晴れ晴れとする所ですね。
ここ最近一番感動したのは鴨居フック。「これ一つでこんなにも便利に!」と正に目の前の霧が晴れるような喜びだった。

ハート型ランドリーキャッチャー 2個入

ハート型ランドリーキャッチャー 2個入

小さい。悩みも解決策もスケールが非常に小さい・・・。
で、でもそれって結構幸せなことよね・・・(震え声)