読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

90億の神の御名

この世界のほんの些細なこと

冷凍と解凍の狭間~初相撲観戦②~

昨日たまたまTVをつけたら「ぐるナイ金星相撲部始動SP」という番組をやっていて、どうせ作りこまれたバラエティだろうと思っていたら不覚にも熱くなって泣いてしまった。東北の有望そうな小学生を集めて相撲部を作るのだ。
久々に見た若乃花が元気そうなのも良かったけど、他のスポーツの有望株だったり、ゲームばっかりしてるような普通の子だったり、変な子だったり、そんな子たちが子供なりに必死でわんぱく相撲の横綱に立ち向かっていく姿が良かった。

ああいう所から相撲人生が始まっていったりもするんだろう。

さて、相撲観戦記の続きです。
国技館に到着してちゃんこを食べたり入り待ちをしたりする前にまず見たのは新序の口さん達の出世披露。
「今から新序さんのお披露目なの」とつるちゃんに言われたけど、シンジョさんて何?この人達は誰?状態。「いや~若い~!まだ中学出たてじゃないかしら~。蹲踞(そんきょ)もおぼつかない感じねえ」とジャブのように繰り出されるプロ発言から「おそらく新人であろう」と推測。
いや、確かによく見ると若いけど、素人目には充分貫禄のある相撲取りに見えたよ・・・。もちろん後で幕内力士を見るとその体格や立ち居振る舞いの差は歴然だったのだけれど。

f:id:mame90:20160117125834j:plain

「小林!」などと出席確認のように呼ばれることに驚いていると「まだ四股名がついていないのよ」との事。そっか、遠藤も遠藤だもんね。
化粧まわしも師匠のを借りているんですって。行事さんの口上も声が若くたどたどしくて、やっと「若いわ」と実感。
行司さんも位がいろいろあるらしく、位が下だと短い袴しかつけられないのだそうだ。みんなここから頑張って上に上がって、四股名をもらったり、髷が結えたり、浴衣の上にコートを着るのが許されたりするらしい。
格下だとコートも着れないなんて厳しい。確かに入り待ちをしている時、関取の荷物持ちをする付き人は浴衣一枚だった。
ちなみに新序の口お披露目は中日にしかないそうです。だからつるちゃん、中日にしようって言ってたんだな、さすが。

f:id:mame90:20160117143438j:plain

入り待ちから帰ってきたら十両土俵入り。やっぱ貫禄違うな。

十両の取組を横目に、つるちゃん、まるちゃんという大先輩方から進研ゼミの如く次々と差し出されるのは「相撲ファン」「相撲」「観戦プログラム」と言ったテキスト類。
「相撲」は昔からある専門誌で、かつては「大相撲」という別雑誌と人気を争っていたが「大相撲」は廃刊になったらしい。
「ああ、明星・平凡争いに平凡が敗れたようなものね」と納得していると、同年代のつるちゃんは「そうそう」と頷いてくれたが、若いまるちゃんは絶句していた。「明星・平凡て!せめてanan・nonnoとか!」だって。ごめんねー、おばちゃん世代は明星・平凡の方がインパクト強いのよ。
そして「相撲」はコアなファン向けで文字が多く写真が少ない。「相撲ファン」は女子向けで写真も多く、蒼井優ちゃんやらV6三宅くんやらのインタビューが載っていて初心者にもわかりやすい作りになっている。・・・でもまあこれは買わなくていいかな、だって私には有能過ぎる解説者が二人もいるんだもの。

この間に「取組の順番や今の呼び出し、行司、勝負審判が知りたかったら入り口でもらったこの紙を見て!良かった力士や取組に◯とかつけておくのもオススメ!」とのレクチャーも同時受講。

いや、呼び出し、行司、勝負審判は別にそんな・・・と思った瞬間に、つる・まるのお二人が「あ!呼び出し、大吉さんよ!!」と色めき立ち「彼って美声で人気なのよ」と教えてくれる。確かに人気者らしく「大吉ーーー!!」とお客さんから掛け声がかかるので、もうガラスの仮面の如く目を見開いて固まる。

f:id:mame90:20160117154707j:plain

明瀬山・佐田の富士の取組で物言いがついて、「初のナマ物言い!」とトキめき、一瞬解凍されるが「きゃ、藤島親方!」「錣山親方、男前ねえ」と土俵上のヤクザみたいな親方衆に色めきだつお二人の姿に、ワタクシ、また瞬間冷凍。

そうこうしているうちに、幕内土俵入り、横綱土俵入りで大興奮して再解凍。
先ほど入り待ちで見かけたばかりの力士が続々と土俵に上がってくる。
「さっき外歩いてたのにもう出てきてるね!早い!」と驚く私に先輩方はどっしり構えて鷹揚に答えました。
「まあ、脱ぐだけだから」
・・・確かに。

f:id:mame90:20160117160231j:plainf:id:mame90:20160117160227j:plainf:id:mame90:20160117160501j:plainf:id:mame90:20160117160807j:plainf:id:mame90:20160117161103j:plain

見るべきものが多すぎ、知るべき事も多すぎて、冷凍と解凍を繰り返し若干パニック状態の今の私がもしも肉だったなら、もう相当美味しくない状態だろう。
なんということだ、大相撲。TVでのんびり解説を聞きながら観戦するのとはまるで違うのだな。

驚愕のあまり制御不能になったワタクシ、膝に載せていた国技館名物焼き鳥をうっかり落とす有様だったのでした。
袋の上だったから拾って食べたけど!


冷静と情熱のあいだ Blu [DVD]

冷静と情熱のあいだ Blu [DVD]