読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

90億の神の御名

この世界のほんの些細なこと

きみのいいところ

うちの課では、毎月月次レポートを課長に提出しなければいけないのだけれど、レポートを書くのが面倒くさくなった主任が言う。
「誰か、オレのレポート、佐村河内してくれる人ー!」
なるほど、佐村河内はそういう使い方ができるのね、とにやにやしてたけど、今思えば「小保方すればいいじゃないですか!」って言ってやれば良かったな・・・。

f:id:mame90:20140314203301j:plain:w350

「母さん助けて詐欺」だか「振り込め詐欺」だかの手口が非常に巧妙化している昨今、会社にも似たような電話がかかってくることがある。センスのない命名をするなら「課長いますか詐欺」
住友なんちゃらとか三井なんちゃら、だとか、いかにも重要顧客っぽい社名を名乗って電話をかけて来て「課長様、いらっしゃいますか?」「課長様と至急お話がしたいのですが」などと言う。素直に課長に繋いだら最後、それ以降、上級役職者目当ての投資勧誘やマンション購入勧誘の電話がしつこくかかってくるのだ。

奴らもやっぱり手口が巧妙で、「お客様トラブルの件で至急お話がしたい」と、いかにも急いでいる風を装ってみたり、「は?先ほどまで話していたんですが!」と居丈高に出て、電話に出た女の子をおどおどさせ、電話を繋がせたりする。
また、課長や部長の名前を聞き出すために「課長様のお名前を失念してしまって・・・」としょんぼり言ってみたり、「えーと、すみません、課長様、確かサトウ様でしたっけ・・・」などとカマかけてきたりする。名前がバレると、それ以降は、さも知り合いのように「課長の◯◯様をお願いします」と名指しで来るので本当にタチが悪い。

そんな電話が来る度に毎回みんなで憤っていろんな対策案を考える。
「もうさ、「課長のバレンティンでございますね?」とか言ってみるのはどう?」
「そうそう、で、次に「バレンティン課長様はいらっしゃいますか?」って言われたら、「そういう者はおりません」て冷たく言ってやろうよ!」
「じゃあ、私は「課長のラミレスですね?」って言うよ。それで「課長様は外国の方ですか?」って言われたら逆ギレして「ラミレスは日本人枠です!!」って言ってやるよ!」
「私はダルビッシュがいいな。「ダルビッシュは現在海外出張中です」って言うよ」

f:id:mame90:20140314204846j:plain:w300

でもまだ実際に言ってみたことはない。

今日も例の「課長いますか詐欺」電話がかかってきて、新人の女の子がおどおどしていた。
それでまたみんなで腹立ちまぎれに対策を考える中、主任が言う。
「「課長の佐村河内は外出中です」って言ってやろうぜ!」
「いや、それなら「課長の佐村河内は耳が聞こえませんのでテレビ電話でおかけ直し下さい」でいいんじゃない」
それだ!ファイナルアンサー!!
きっと「本当に聞こえないんですか?」って疑われるだろうけど。

・・・それにしても佐村河内がこんなにいろいろ役立つなんて・・・。
幼馴染「好きだよ、佐村河内」 佐村河内「…………」 - ゴールデンタイムズ
前に2ちゃんでこんなネタもあって、ものすごく笑わせてもらった。
佐村河内のいいところ、それは人を笑わせてくれるところだよ。

キミノイイトコロ

キミノイイトコロ