読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

90億の神の御名

この世界のほんの些細なこと

先輩の教え

モンゴメリの小説「赤毛のアン」の中でアンとダイアナは腹心の友として、お互いに絶対に結婚しないと誓い合う。
「私たち、感じのいいオールドミスになりましょうね!」と。

別にそう誓い合ったわけではないのだけれど、感じがいいかどうかはともかく、お互いオールドミスになった私と先輩。

出会いは前の会社で、あの頃私はまだ22歳。右も左もわからぬ私の首根っこをつかまえてあれこれ仕込んでくれた先輩も、まだ可愛らしいポニーテール姿だった。
「伝票が最後の一束になったら補充する!ホチキスの芯が少なくなって黄色い所が見えてたら補充する!輪ゴムは取り出しやすいように一旦揃えてからしまう!必ず次の人のことを考えて行動すること」
まるで母親のお小言のようだけれど、こうやって構ってもらえることが嬉しかった。
教えは厳しく、また広範囲に及び、百恵ちゃんの引退の時のマイクの置き方だとか、トラック野郎の菅原文太の素晴らしさだとか、「忠臣蔵で、何故お庭に貝殻を撒いて眠るか」とか、最近では介護保険についても教えてもらった。40歳になった誕生月から発生するらしい・・・恐ろしや、介護保険。


先日のお花見バスツアーも先輩と後輩と私の3人で行ったのだが、途中でサービスエリアに寄るたびに私はクリームパンを探し求めて走り回った。
このクリームパンは中井のパーキングエリアで購入したものだ。


f:id:mame90:20130403182533j:plain

バスの中でクリームパンを食べて、「うえー、おいしくない」と顔をしかめて差し出したら、先輩はお母さんみたいな顔をして「どれ」と食べてから、きっぱりとした口調で言った。
「うん、あのね、これは味わっちゃダメ。飲んで。」
の!!!!!飲む!!???
「そうよ。これはね、味わうパンじゃないの。味わったら美味しくないから、飲んで!」
・・・カレーは飲み物だの、麻婆豆腐は飲み物だのと、以前芸能人が言っていた気がするが、まさかクリームパンまで飲み物だったとはね・・・。

フランドール(神奈川県秦野市) クリームパン 140円
パン:柔らかめ
クリーム:子供用のシロップ風邪薬みたいな後味・・・だと思うんだけど。
☆☆

しかめ面をする度に「味わわない!」と厳しく叱られながら、ようやくパンを食べ終わって「ねえねえ、このクリームさあ、薬の味するよね。あの、子供が風邪ひいた時のシロップみたいなやつ」と先輩に言ったら、「ちがう!」と、またしてもピシャリと叱られた。
「あれはもっと甘ったるい味。このクリームパンはアレよ!あの駄菓子屋で売ってる、水で溶かして飲む粉末のジュース!10円の。」
・・・えーー、そうかなーーー、粉末ジュースかなーーーーと、釈然としなかったのだけれど、そこはやはり,、先輩の教えは絶対なので黙っておいた。

そんな訳で、これは先輩曰く「飲むクリームパン」