読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

90億の神の御名

この世界のほんの些細なこと

旅の教え

二十歳の時に作った10年パスポートの期限もとうに切れて放置していたが、ある日ふと「いつでも海外に行けるし」と思い立って再取得したのが5年前。ようやくあの思いつきが役立つ日が来た。

「搭乗便は違うけど、乗る前に会おうよ」と弟夫妻に言われ、チェックインカウンター前で待ち合わせ。
南ウイングだってことはちゃんと調べておいたのに、成田に着くなり私の足は迷いもなく北ウイングへ。
Love is a mistery ...恐るべし、明菜の刷り込み。
聖子ちゃんの旅立ちはフリージア。明菜の旅立ちは北ウイング。そして百恵ちゃんの旅立ちはいい日。

18:55のユナイテッドだし17:18成田着でいいや、と鈍行でとことこ行った私と対象的に、21:00の飛行機に乗る弟夫妻は16:00から成田にいたらしい。
…そう…海外挙式兼新婚旅行に向かうお二人には成田で過ごす長い待ち時間すら幸福なのね。家に帰るまでが遠足とか言うけど、家を出た瞬間に二人の新婚旅行は始まっていたのね。

ふう、やれやれだぜ…。それじゃ、明日って言うか今日だけど、現地でね!と手を振って姉は一足先に出国。
出てくなら出てけ!とばかりに簡単にポーンとハンコを押されて、旅ブログのど定番の飛行機の写真をパチリして搭乗。

f:id:mame90:20141104012245j:plain

どうやらホノルルでロサンゼルス行きへの乗り継ぎがあるらしく、私の予想に反して機内は外国人でぎゅうぎゅう。
どう見ても日本人と思われたCAさんですら外国人で、「すみません」と声をかけたら「ハアーン?」と笑われてビビる。
…飛行機乗るの久しぶりなもんで油断してた…。飛行機の中からもう海外は始まってたのか…。
そんなワケで、トラベル英会話に必ず出てくる、機内食の「フィッシュオアチキン?」がリアルに繰り広げられるものの、件のCAさんは「はい、アンタ日本人だからフィッシュね」と有無を言わさずワタクシのテーブルに、ぼん!と魚を置くのでございました…。

そんな機内食、隣の席の巨大な男性は、丸パンを上下2つの凸と凹型にちぎり、バターを塗りつけていた。そんなパンのちぎり方する人見たの、私、初めて。飛行機の座席は狭くとも、世界は広いのね…。
その後、彼はずーっと、テーブルに肘をついて体重をかけ、哀れな小さなテーブルを軋ませながら、「目が悪くなるよ!」とお母さんに叱られるくらいに画面に顔を近づけてゼログラビティ見てた。もちろん3Dじゃない。
こんな大きな体じゃ、エコノミー症候群にもなるでしょうねえ…。

などと、しみじみ納得しているうちに飛行機はホノルルに着き、朝日眩しい空港でwi-fiを掴んだ瞬間に入ってきたのは弟からの「飛行機、機体整備か何かで飛ばなかった。今晩は航空会社が用意した成田のホテルに泊まって明日の朝ハワイに向かうね。」という仰天ニュース。
…あんたたち、どんだけ成田に滞在するつもりなのよ…。

新婚旅行は家を出た瞬間に始まり、海外旅行は飛行機に乗った瞬間に始まる。
日本人に見える外国人などたくさんいるし、ネクタイの結び方が何通りもあるようにパンのちぎり方も幾通りもある。それほどに世界は広い。
そして世界は二人のためにあり、成田も二人のためにあり、北ウイングは明菜のためにあり、出国に際し私の足はついつい北ウイングへ向かう。

f:id:mame90:20141104012351j:plain

旅はいつでもたくさんのことを人に教えてくれるものね。

ファッションが教えてくれること [DVD]

ファッションが教えてくれること [DVD]

北ウイング

北ウイング