読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

90億の神の御名

この世界のほんの些細なこと

備えよ常に

ごはん 旅・散歩

肩こりがあんまりにひどいものだから12月は何度か整体に行ったのだけれど、そこの先生が不穏な事を言う。

「人間の体ってのはねえ、不測の事態に備えて、とかく蓄えがちなんだよね。しかも蓄え分から使えばいいのに、常に新しいものから使ってっちゃうからさ、蓄えはどんどん古くなって、冷凍庫の片隅で忘れられて干からびた冷凍食品みたいになっちゃうんだよね」
…なんたること!…と驚愕していると、先生は更に続ける。

「だからねえ、なるべく『緊急事態だぞ』と体に思わせないといけない。お昼だからとか、小腹がすいたとかを理由に新しい養分を供給しないで、お腹が空いた時こそ運動したり歩いたりすると、体が備蓄分を使い始めるんだ」

なるほど、そうするわ!と密かに胸に誓ったのは昨日のこと。

本日からベトナムへ行く。大韓航空でソウル経由。出発は13時55分。
13時の成田空港北ウイングにて、わたくしは搭乗時間を待ちながら空腹を抱えていたのでした。
近場にはマクドナルド。だが、空港のマクドナルドときたらセットで730円と、ホノルルばりに暴利を貪っている。
待て。どうせ飛行機に乗れば機内食が出るではないか。ソウルまで3時間程度だが、それでも機内食がでることを私は知っている。
しかも昨日、整体の先生になんて言われた?思い出して!備蓄分を使うのよ!

それで無駄に空港内を歩きまわってみる。年末とは言え、円安のせいか空港は思ったよりかもすいている。そして心なしか中東の人が多い。ものすごい立派な鬚を蓄えた、ラクダでも連れてそうなタイプの方とか。
うう、お腹すいた。今、わたくしは個人的にラマダンです。燃えろ、備蓄された脂肪。

f:id:mame90:20141227173806j:plain

搭乗便は昨今いろいろと噂の絶えない大韓航空
本当はもっと早い便に乗るはずだったのだけれど、機材変更で昼の便になった。そのおかげでシートはビジネスクラス。どんなもんかと乗り込んだけれど、タッチパネルがぐらぐらしてとれそうだし、座席カバーはズレて下の金属が剥き出しになってるし、おまけに蛍光灯が切れかけでチカチカしてるしで、大韓航空、大丈夫だろうかと心配になる。

f:id:mame90:20141227173742j:plain

まあ、そんな事はいいんだよ。他所の会社の事より私の空腹ですよ。もうチキンの香りが漂ってるのは感知済なんだぜ。飛行機よ、早く飛べ。
…という願いも虚しく、貨物搬入により出発時刻が15分押し、尚かつ滑走路混雑により離陸が遅れ、ようやく離陸したのは14時35分。

もしも私が、あの例のナッツレディだったなら完全にキレてる所ですよ。鬼のような形相で「飯はまだか!責任者を出せ!」と怒鳴ってる所ですよ。でも私は我慢する。なぜなら備蓄分を燃やしたいから。

待ち焦がれた機内食はこちら。チョーヤの梅ゼリードリンクがついてた。

f:id:mame90:20141227173857j:plain

で、まあ、備蓄分を燃やすためにこんなに頑張ったのに、15時に機内食食べたばかりなのに、仁川空港でトランジット待ちの間についつい、せっかくだからとか言ってソルロンタン食べちゃうワケですよ。
19時ソウル発ホーチミン行きの機内でまたご飯が出ると言うのに。

f:id:mame90:20141227175307j:plain

ああ無情。脂肪蓄えやすく、貯蓄、蓄えがたし。
如何に格言らしく言おうとも、脂肪は燃えず。
パリは燃えているか、脂肪は燃えていないが。

そんなこんなで束の間のソウルなう。

f:id:mame90:20141227174112j:plain