読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

90億の神の御名

この世界のほんの些細なこと

火の玉

泡沫

夜明けの街と新聞屋さんのヘッドライト。

f:id:mame90:20131116072911j:plain

今日も「アイソン」と呟いて、朝4時に起きた。
近所の公園で、空に双眼鏡を向けて、今日はあの辺りにアイソン彗星がいるはずだ、と探していたら、目の端に大きなオレンジ色の光が映った。
北の空をすーっと長く横切って消えた明るい火の玉。

すごいもの見ちゃった!と浮かれるより先に、ちょっと不気味で不穏で怖くなった。

大昔の人は、日食や月食、ハレー彗星も不吉な兆しとして大騒ぎしたらしい。
国によっては虹でさえ、不吉と感じるそうだ。

その気持ちがわかる気がした。
いつもは見えない「すごいもの」は、すごくて、びっくりして、それから少し怖くなる。天変地異の前触れじゃないか、なんて考えてしまう。

「観れた!」と嬉しくなるのは、それがあらかじめ、そこにある、そこに来るとわかっているほうき星だからなんだな、とアイソンを探しながら思った。

あれは夢や幻じゃないよね、とネットを見てみたらTwitterでたくさんの人が「UFOを見た」「隕石を見た」と呟いていた。それから「何か起こるんじゃないか」って心配している人もいた。
それは大昔の村人が、朝の井戸端なんかで「あれ見た?」「◯◯さんちのお婆さんが見たって」とざわざわしてるのと何も変わらない感じがした。


日が昇って、よく晴れた土曜日、もう不気味な感じは消えて、ただただ何度も胸の中をあの火の玉がすーっと横切っていく。
時間が経てば経つほど、記憶の中のそれはどんどん美しい姿にかわって。

*追記*
あれは火球というものだったそうです。
さっき大きめの地震が長く続いたので、あの火の球はやっぱり予兆?と思ってしまいました。また地震(>_<)!